四ヶ伝 台天目 Shikaden, daitenmoku

今週は四ヶ伝のうちの一つ『台天目』のお稽古をしています。
台天目のお点前には、1)天目茶碗と天目台 2)和物茶入れとお仕覆 3)曲水指(杉の木を薄くして作った水指 4)茶杓は象牙 を使用します。
このお点前は中国から渡来した天目台それに沿った天目茶碗が主役ですので、勝手付に仮置きはできません。天目茶碗に柄杓でお湯またはお水を注ぐときは、必ず左手をお茶碗に添える、象牙の茶杓の清め方、袱紗を真にたたんで天目台を清める、初めの茶筅通しは左手の上に載せて行う等々、またまた新たに覚えなくてはいけないことがたくさん出てきます。
勿論、ふすまの開け閉め、拝見物を出す時は指の第2関節まで畳につける行の手の扱いです。
でも、生徒さんたちはこれらの複雑な所作に目を輝かせて取り組んでいます。新たなことを学ぶということはこんなにも好奇心を刺激して、興味を抱かせるのだと教えていて再発見をしました。こんなややこしいことを学びたいと思うからこそ、お茶のお稽古が続けられるのかもしれませんね。
 
今回も、曲げの水指が間に合いませんでしたので、仕方なく塗蓋の水指を使用しています。。。

This week, we practiced daitenmoku procedure, one of the shikaden.

We use the following tools for the daitenmoku.

1) tenmoku jawantenmokudai

2) Japanese style chaire and oshifuku.

3) mage mizusashi ( made from curbed cider wood) – since mage was not available this time,  we used ceramic mizusahsi instead.

4) ivory chashaku

Since daitenmoku and tenmoku jawan is the main tool in this procedure, we can’t place the chawan in the kattezuki. There are some rules particular to this daitenmoku procedure. You always lightly support the tea bowl with the left hand when you pour the water in it. Chasen toshi is done while you are holding the tea bowl on your palm.

Also, there are more small additions to remember in this procedure such as cleaning the ivory chashaku and folding the fukusa in shin style. You would naturally think those complicated rules might be discouraging to remember for students, however, to my surprise, I found the students get more excited to learn something different.  Those new complicated additions to the procedure stimulated the student’s curiosity and interest.  Finding something new adds depth to our knowledge  is and definitely one of the rewards when learning the tea ceremony.