About

Chado Society

The Chado Society of St. Louis 純心庵 was founded by Junko Ikeda, trained at the Urasenke school of tea in Kyoto. Students meet weekly and often perform at public and private events. A disciplined, fun and dedicated group, new members are always welcomed. 
Connect
CLASSES
We welcome anyone who wants to participate in the tea ceremony. Classes are taught weekly in the Urasenke tradition of Chanoyu. Private lessons are also available. Please email or telephone to reserve your space for more information.
WHAT WE DO
Members serve as both the “host” or one of the “guests” in a tea lesson. All learn the traditional ways to prepare, serve and drink tea. With time, more advanced methods are introduced under the guidance of the tea instructor.
WHY WE DO IT
There are many paths to learning Chado – the Way of Tea. Some are interested in traditional Japanese culture. Others enjoy the Art, study of Zen, meditation or simply the taste of powdered green tea. All are welcome.
Past events

Past Events

About Junko Ikeda
Junko Ikeda lives in St. Louis and Kyoto. She started learning the way of tea from her Mother, then the teachings of Urasenke – first in college then from Professor Hayashi Soumi of the Minami branch of Urasenke Kyoto. In Japan, she earned the tea name Soujun September, 2007. After living 28 years in Kyoto, Ikeda-san moved to America in 2006. In 2008, she participated as a guest as professor Kimiko Gunji performed the tea ceremony at the University of Missouri-St.Louis. In 2009, she built a tea room Junshin-An in her home St. Charles and started teaching the Japanese Tea Ceremony. Currently, the Chado Society of St. Louis has more than 20 students, spreading the spirit and art of tea through demonstrations, hosted tea ceremonies and lectures.

京都に嫁ぎ28年間の京都生活を経て、現在はアメリカのセントルイスに半年、京都に半年の生活を送る。
大学時代に茶道部に入部。4年間裏千家茶道を学ぶが、大学卒業後は茶道と無縁の生活に追われる。子育てがひと段落した後、裏千家南支部所属林宗美教授に師事し、茶名取得を目標に茶道に精進し、2007年9月1日茶名・紋許(専任講師)を取得。
アメリカに在住して間もなく、ミズーリ州立大学セントルイス校にて裏千家郡司君子教授の茶道点前披露の際に正客役としてステージに立たせていただいた折に聴衆の一人から茶道の指導を乞われたのを契機に、2008年11月から第一号の生徒を迎える。
2009年5月、自宅に茶室  [純心庵 ]を作る。
2017年現在、20人余りの生徒を抱え、生徒の助けを借りながら様々なイベントで茶道のデモンストレーションをする機会も増加。日常の茶道指導を通して、また各種イベントでの点前披露を通して、ここセントルイスで日本文化の奥深さや美しさを伝えていきたいと思っている。


2017 Event
5月7日 ミズーリヒストリーミュージアム“A celebration of Japanese Culture”
5月28日 純心庵にて2017年正午の茶事開催。生徒さん15名と
9月2日、3日
ミズーリボタニカルガーデン“Japanese Festival”でShoenberg Theather にて2日にわたり、茶道についてのレクチャーに続き、点前披露の中で客、半東の所作も披露
9月12日 純心庵にてCID Gift(募金活動)のオークションで茶道体験の落札者他3名に茶道のレクチャ-、点前披露、お菓子と自分で点てたお茶を賞味していただく (日米協会仲介)
2016  Event
2月7日 純心庵にて2016年初釜茶会
3月13日 パークウエイ・ノースイースト・ミドルスクール“International Cultural Day” イベントで点前披露(日米協会仲介)
3月26日 ワシントン大学ダンフォースハウスにて“道”についての講義、点前披露、参加者にお茶を点て出し • 依頼者: ワシントン大学剣道グループ
5月22日 ミズーリヒストリーミュージアム “A celebration of Japanese Culture” イベントで点前披露(日米協会・日米婦人協会共催)
Demonstration on a stage in “A celebration of Japanese Culture” at Missouri History Museum (JAS- organizer)
10月16日 セントルイス 美術館 “Conflicts of Interest: Art and War in Modern
Japan” オープニングイベントThe Passport to Japanで2度の点前
披露 (日米協会仲介)
10月22日 ワシントン大学ヒルマンホールにて“道”についての講義、点前披露、参加者にお茶を点て出し
依頼者: ワシントン大学剣道グループ
11月10日 ウエブスター大学エマーソンライブラリーにてレクチャー・点前披露
依頼者: ウエブスター大学インターナショナル・ランゲージアンドカルチャー
2015 Event
1月11日 純心庵にて2015年初釜茶会
1月31日 純心庵にて茶会 • 依頼者:プライベートファミリー (日米協会仲介)
2月7日 ウエブスター大学サンネンラウンジにてレクチャー・茶会(7セッション) • 依頼者: 日本語学校セントルイス分校
3月5日 ワシントン大学・ケンパーミュージアムにてレクチャー・点前披露依頼者: ワシントン大学日本アートクラス (日米協会仲介)
4月24日 私宅にて点前披露-お茶点て出し 依頼者: IWの会
5月6日 ボーイングカンパニー、“Japan Cultural Event”にて点前披露(日米協会 仲介)
5月17日 ミズーリヒストリーミュージアム“A celebration of Japanese Culture”
イベントで点前披露(日米協会・日米婦人協会共催)
10月7日 ミズーリ植物園内長野庵にて茶会 • 依頼者: 生け花インターナショナルグループ・セントルイス支部
2014 Event
1月19日 純心庵にて2014年初釜茶会
1月25日 ワシントン大学マクミランホールにて“道”についての講義、点前披露
参加者にお茶を点出
依頼者: ワシントン大学剣道グループ
2月13日 ウエブスター大学サンネンラウンジにてレクチャー・点前披露 • 依頼者: ウエブスター大学インターナショナル・ランゲージアンドカルチャーとウェブスター大学アーツアンドサイエンス
3月22日 ワシントン大学ケンパーアートミュージアム“A traditional Japanese culture day”イベントで点前披露(日米協会主催)
5月18日 ミズーリヒストリーミュージアム“A celebration of Japanese Culture”
イベントで点前披露(日米協会・日米婦人協会共催)
6月1日・6月8日 純心庵にて石巻フレンドシッププログラム参加の子供達にレクチャー・点前披露・点て出し(日米協会主催)
2013 Event
1月20日 純心庵にて2013年初釜茶会
2月4日 純心庵にて夜の茶会 おばあさまを中心とした女性のみの家族の集まり(日米協会仲介)
2月9日 ワシントン大学ダンフォース・ユニバーシティ・センターでレクチャー・点前披露・お茶点て出し • 依頼者: ワシントン大学平成ジャパンクラブ
5月24日 セントルイス・チャージャー・スクール“The school’s annual Multicultural Festival”イベントで点前披露(幼稚園から8年生の子供達に6セッション) (日米協会仲介)
6月29日 アレクサンダー・チャプター・チャーチ“The annual Tea Party”イベントで点前披露・お茶点て出し (日米協会仲介)
8月6日 ブレントモア・リタイアメント・コミュニティ“Teahouse of the August Moon”イベントで点前披露・お茶点て出し (日米協会仲介)
18日 州立セントラルオクラホマ大学、“ジャパニーズフェスティバル” イベントで点前披露
10月19日 州立セントラルオクラホマ大学、“ジャパニーズフェスティバル”
イベントでワークショップ
2012 Event
1月22日 日米協会セントルイス支部主催の茶の湯イベントが、純心庵及び私邸の茶室でこの月以降、ほぼ毎月開催される。
1月26日 ウイローズ・シニア・コミュニティにてレクチャー・点前披露・お茶点て出し
2月 日米協会セントルイス支部主催の茶の湯イベントが、純心庵及び私邸の茶室でこの月以降、ほぼ毎月開催される。
2011 Event
1月22日 純心庵にて2011年初釜茶会
3月26日 東北大震災・津波被害者支援のためのガレージセールを生徒さんと開催。収益金は日本人会ニューヨーク支部に送金。
4月9日 イリノイ州立大学アーバナ・シャンペン分校・日本館をお茶の生徒さんたちと訪問。お茶席を体験。
4月15日 リンデンウッド大学“Mini-Japanese Festival-東北大震災・津波被害者支援”
イベントで茶会(5セッション)合計100名以上の参加
2010 Event
2月20日 純心庵にて2010年初釜茶会
2009 Event
5月 自宅地下室に6畳間のお茶室『純心庵』完成
2008 Event
11月 自宅にて初めての生徒を迎え、茶道指導を始める。
NEWS

紫陽花とテッセンの練り切り Handmade Japanese sweet  

白餡と求肥を練って、紫陽花とテッセンの練り切りを作りました。海外に住んでいるとなかなかこういう練りきりのお菓子は手に入らないので、季節のお菓子を揃えるのにも色々と工夫がいります。お茶室に飾ってある花は、純心庵のお庭に咲いていたテッセンです。テッセンはそろそろ終わりかけですが、紫陽花は今たくさんの蕾が開きかけています。

四ヶ伝 台天目 Shikaden, daitenmoku

今週は四ヶ伝のうちの一つ『台天目』のお稽古をしています。 台天目のお点前には、1)天目茶碗と天目台 2)和物茶入れとお仕覆 3)曲水指(杉の木を薄くして作った水指 4)茶杓は象牙 を使用します。 このお点前は中国から渡来した天目台それに沿った天目茶碗が主役ですので、勝手付に仮置きはできません。天目茶碗に柄杓でお湯またはお水を注ぐときは、必ず左手をお茶碗に添える、象牙の茶杓の清め方、袱紗を真にたたんで天目台を清める、初めの茶筅通しは左手の上に載せて行う等々、またまた新たに覚えなくてはいけないことがたくさん出てきます。 勿論、ふすまの開け閉め、拝見物を出す時は指の第2関節まで畳につける行の手の扱いです。 でも、生徒さんたちはこれらの複雑な所作に目を輝かせて取り組んでいます。新たなことを学ぶということはこんなにも好奇心を刺激して、興味を抱かせるのだと教えていて再発見をしました。こんなややこしいことを学びたいと思うからこそ、お茶のお稽古が続けられるのかもしれませんね。   今回も、曲げの水指が間に合いませんでしたので、仕方なく塗蓋の水指を使用しています。。。 This week, we practiced daitenmoku procedure, one of the shikaden. We use the following tools for the daitenmoku. 1) tenmoku jawan, tenmokudai 2) Japanese style chaire and oshifuku. 3) mage mizusashi ( made from curbed cider wood) – since mage was not available this time,  we used ceramic mizusahsi instead. 4) ivory chashaku Since daitenmoku and tenmoku jawan is the main tool in this procedure, we […]

四ヶ伝 唐物 Shikaden Karamono

裏千家中級のお免状をいただいている生徒さんに四ヶ伝のうちの一つ唐物のお稽古を始めました。 四ヶ伝には唐物、茶通箱、台天目、盆点があります。四ヶ伝から相伝(口伝)と言って、先生から直接口頭で点前を習うため、説明書や教科書はありません。 唐物のお点前には、1)ナス型か文琳型茶入れとお仕覆、2)曲水指(杉の木を薄くして作った水指)、3)元節の茶杓(元に節のある茶杓)を使います。 中国から渡来した茶入れが主役ですので、必ず両手扱いにする。ふすまの開け閉め、拝見物を出す時は指の第2関節まで畳につける行の手の扱い、といろいろと決まりごとが多くなってきます。 今回日本から道具をそろえてきましたが、曲げの水指が間に合いませんでしたので、仕方なく塗蓋の水指を使用しました。。。     This week, we started to learn Karamono, one of the Shikaden. There are Karamono, Satsubako, Daitenmoku and Bondate in Shikaden procedure. Since these procedure are supposed to be transmitted from teacher to student directly, there is no textbook nor written information.   With this karamono procedure, we use […]

Japanese Culture Event at Forest Park Community College

4月29日・30日の午前中、Forest Park Community College の”Japanese Culture Event”の一環で私たちのグループはお茶のデモンストレーションを披露しました。お点前の披露の後は会場の生徒さん何人かにお菓子と薄茶を一服、飲んで頂きました。 On April 29th and 30th, We performed the tea ceremony for the Japanese Culture Event at the Forest Park Community College. After the demonstration, we offered tea and sweets to some audiences.