自宅滞在令中のお稽古 Practice during stay-at- home order

引き続き4月24日までStay home orderが出ました。
日本から帰ってきて3週間、無性にお茶のお点前がしたくなって、四ヵ伝の唐物で濃茶を点てて服した後、お薄を2服点てました。夫と私の分です。
 
設えは、床の間には今回友人から頂いた色紙を軸に掛けました。これは祇園祭りの『山』の一つ『黒主山』を西野洋一画伯が描いたものです。謡曲「志賀」に因み大友の黒主が桜の花を仰ぎ眺めている姿を現しています。今の季節にぴったりでしょう?

Missouri extended the stay-at-home order, ending April 24th. I returned to the United States from Japan a month ago ready to start practicing tea ceremony. I finally prepared a nice koicha “thick tea” through shikaden, karamono procedure and later two usucha “thin tea” shared with my husband. 

The picture on the scroll depicts the tenth century Japanese poet, Otomo no Kuronush, looking up at a beautiful cherry blossom.  This picture, a gift from my friend, seems appropriate for this season.

今年の干支「子(ねずみ)」の香合が昨年の「亥(いのしし)」と交代です。

A rat shaped Incense holder: this year’s zodiac animal, replacing last year’s pig shaped holder.

お菓子は手作りの水羊羹と干菓子(せんべいと和三盆)。

Sweests: mizuyokan, senbei rice cracker and wasanbon.

お薄のお茶碗は一つは新年を迎えるにあたりもとめた楽入作『望月の歌』、これまた友人から譲り受けた竹徳作黄瀬戸のお茶碗です。   軸を変えたり、お湯を沸かしたり、お茶を棗に入れたりの準備から片付けまでに2時間はたっぷりかかってしまいました。 地下室の茶室純心庵で一人ゆったりとした良い時をすごしました。

Chawan: the top is raku chawan named mochizuki no uta “song of full moon” by Rakunyu, which I bought this January. The bottom bowl is kiseto chawan by Chikutoku, a gift from my friend.

It took me two hours to complete this tea ceremony, but I had a relaxing and meditative time alone in my tea room. I’m looking forward to getting together with everyone soon.