Japan House を見学に行きました (1)

University of Illinois at urbana-champaign のJAPAN HOUSE を見学に行きました。残念ながら時間が間に合わずお点前は見ることができませんでしたが、日本から来ていたという素晴らしい掛け軸を拝見することができました。禅宗の初祖達磨大師が弟子に伝えた禅語で、書は大徳寺大慈院住職戸田実山(この書では紫野実山)と書かれています。

一華開五葉 いっかごようをひらき

結果自然成 けっかじねんになる

ikkagoyouwohiraki kekkajinenninaru”
one  flower opens five petals( leaves).  Eventually it will naturally produce seeds.

[一輪の花が五弁の花びらを開くように、迷いや煩悩から解かれ清浄無垢な心に立ちかえれば、五つの智慧により、やがて自然に仏果菩提の実を結ぶ]という意味だそうです。

 

We visited the Japan House at the University of Illinois – Urbana Champaign.  There, we were lucky to see a beautiful scroll that came from Japan and traveling across the United State for select viewing. The written words are from Bodhidharma, considered the founder of zen Buddhism, commonly known as Daruma in Japan, calligraphy by Toda Jitsuzan, head priest of Daitoku-ji Daiji-in.

 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment